我が家のマットレス計画

マットレス比較と体圧の分散と眠る姿勢の保持

ベッドのフレームと合わせて比較して選びたいのがマットレスであり、睡眠時の快適さと身体への負担も考えて選ぶようにします。

なぜマットレスは比較して自分にベストな商品を選ぶべきかですが、睡眠時には腰で体の40%以上を支えているためです。日中の目覚めている時であれば人間は、全身の体重を足で支えることができます。でも横になってい寝ているときには足で支えているわけではなく、重さは数か所に分散されていて、足にかかる負担はほんの15%ほどです。

肩には33%で頭には8%の負担であり、最も体重がのしかかっているのが44%の割合となる肩になります。無意識の中で快適な眠りに入っている夜の時間に、体重のほとんどは腰に集中して負担がかかっているわけです。誤ったマットレスで無駄に腰痛を招かないためにも、比較して適切な商品を選ぶようにします。寝ている時の姿勢は自分で正すのは難しいですが、寝具選びを賢くすることで理想的な寝姿勢にすることは不可能ではありません。背骨には滑らかなS字になるような、真っ直ぐ立っている際と同様の姿勢が、寝ているときにも理想です。

S字を描ける姿勢で眠ることで、身体に眠る際ににかかる負担を軽くするため、サポートになる寝具選びが重要になっています。土台はしっかりとしていて、その上には布団を敷いて、クッション性の良さも手伝えば、体圧をバランスよく分散することが可能です。布団や眠る際に姿勢、寝具類の見直しをすることは、腰に負担をかけないためにも必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *