我が家のマットレス計画

マットレスを選ぶ時はタイプ別に比較して選びましょう

マットレスと一口に言っても、実に多種多様です。

ですから購入する前にどのような種類があるのかをチェックし、比較したうえで、自分に合った物を選ぶ必要があります。マットレスの種類は大きく分けて、コイル系とノンコイル系があります。前者には3つのタイプ、後者には2つのタイプがあることをまず覚えておきましょう。コイル系にはボンネルコイル、高密度スプリング、ポケットコイルの3タイプがあります。ボンネルは耐久性に優れていますが、その反面力が加わると多少沈み込む感じになります。また寝た姿勢がまっすぐになりにくいこともあります。

一方で高密度スプリングは、寝た姿がまっすぐに保たれ、沈み込みも少ないです。ポケットはフィット感に優れ、沈み込みがピンポイントで全体に振動が伝わりにくいので、ダブルベッドにも適しています。ノンコイル系には柔らかさが売り物の低反発と、適度に弾力がある高反発の2タイプがあります。低反発は体重の重い人だと沈み過ぎるので、女性や子供向けといます。男性、あるいは腰痛のある人には高反発の方が、適度な弾力があってお勧めです。

ただしこのタイプのマットレスは、コイル系に比較して耐久力に劣ることもあるので、2~3年ほどで買いかえるようにしましょう。それからマットレスを購入する時には、通気性やサイズも確認しておきましょう。高密度スプリングやボンネルは、ポケットやノンコイル系に比較して通気性がよくなっています。ただし後者の場合は干すことができるので、湿気を逃がすことが可能です。またサイズはシングルはプラス30センチ、ダブルはプラス60センチの幅がある物を選ぶといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *