我が家のマットレス計画

羽毛布団をクリーニングに出す際の注意

羽毛布団をクリーニングに出す際には、出す前の状態をしっかりと確認しておくことが大切です。

多くのクリーニング店ではしっかりと素材の内容を確認し適切な処理を行ってくれますが、中には一律に処理してしまうところも多いためです。また最近は店舗で受付だけを済ませ、まとめて工場で処理をすると言う仕組みの会社も増えており、大量に処理をするために個々の取り扱い表示を見ていないことも多く、処理の問題によるトラブルが発生することも少なくありません。

羽毛布団は本来しっかりと空気を含ませ、ドライクリーニングを行うことが必要です。またそのための方法も他の布団とは異なり、丁寧に扱うことが重要になりますが、含まれている羽毛の種類も様々であるため、個別にそれぞれ処理をしなければいけません。しかし大きな工場等ではこの個別の処理は大きな手間となりコストがかかるため、一緒にしてしまうことが多いのです。

また、受け付ける店員のその内容を確認することがありますが、申し送りがしっかりと行われないためにトラブルが発生することもあります。このような場合には適切な処理を行なわなかったために発生した損害であるためその損害賠償を請求することも可能ですが、この際には下の羽毛布団の状態からどのように変化したのかをしっかりと示すことが必要になります。そのため、クリーニングに出す前の状態をしっかりと把握しておき、その後でどのように変化したのかをしっかりと把握できるようにしておくことが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *