我が家のマットレス計画

羽毛布団はクリーニングがおすすめ

羽毛布団の寿命は、使用環境や布団カバーを使っているかなどによって差が生じますが、大切に使用している場合なら10年以上は持つと言われています。

中綿の役割を担う羽毛は30年以上もの寿命があると考えられていますが、就寝時の汗や皮脂の汚れによって、生地の劣化しやすくなることも少なくありません。羽毛布団のクリーニングは、汚れを除去することにより寿命を延ばせるメンテナンス方法です。羽毛布団をクリーニングする場合、生地や中綿の羽毛を痛めないように、洗剤や洗う水の温度、洗い方や乾燥させる温度などを考慮する必要はあります。

品質や価格の差が大きくのが羽毛布団ですので、特に高価な製品は肌触りが良く光沢のある生地を使っているため、糸が細く摩擦に弱いことから家庭やコインランドリーで洗濯するとかえって寿命を縮めてしまいます。また、羽毛布団の生地は中綿の羽毛が飛び出さないような加工がされていて、クリーニング方法が正しくないと生地から羽毛が飛び出しやすくなってしまうので注意しましょう。

長く使うことで生地自体が弱っていたり、破れやほつれが生じてあるもの、生地の弱い絹が使われている場合、洗濯機の洗い方に耐え切れず破けたり裂けたりする場合があります。ウォッシャブル表示がある製品は、家庭で洗濯することが可能です。家庭で洗うことを想定されて作られた布団にはウォッシャブル表示があり、乾燥しやすいよう生地や羽毛が撥水加工されています。撥水加工することで、洗ったあとの乾燥性が向上し、また乾きやすくなっているのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *